中古ドメイン市場を探ってみる

この記事は走り書き、メモです。ちょっと思ったので書いてみた程度で、まとめられておらず興味があるかたは参照ください。

中古ドメインというのは、以前に何かのサイトが運営されいたドメインのことです。
※ドメインというのは、○○○.comとか○○○.co.jpなどのことです。
そんな中古ドメインですが、過去に過去の運営状況が良い場合は、SEO対策としても効果的だといわれており、高額で取引されるケースがあり、色々と調べてみました。

・取得方法

これは、バックオーダーと呼ばれる期限が切れたと同時にそのドメインの申込みを行っている業者を使うか、自分で申込みを行うのかによります。基本的には、ドメインの登録状況が誰も登録されていない状況になってから申し込むことが可能となるので、もしかすると個人でも取れるかもしれませんが、バックオーダーを使う業者に頼んだほうが良いと思います。

・jpなど日本国内のドメイン

jpドメインの売買を行っているサイトは、ほとんど無い状況で、comやnetなど海外のドメインを販売しているサイトは多くありました。これは、jpドメインが年間更新料が2,940円と高額なことと、そもそも出回る量が少ないうえに独占的に国内のSEO業者が買いあさっているためのようです。
だからこそ、SEO業者との競争で勝てることができれば、新たな商機があるかもしれません。
ちなみにバックオーダーの料金は、1.5万円程度と高額ですが、取得できなかった場合は、返金されます。

・海外のドメイン(com、net)

海外のドメインは、大手のバックオーダーを得意とする会社があるので、そこに頼むと大体は取れるようです。また、料金は2000円程度から6000円程度。
しかし、海外のバックオーダー会社の大半は、同じドメインをほしいと思ったもの同士でオークションに突入し、高額な金額で競り落とすことになるので、実はコストが高くなってしまうかもしれません。

・どうやって売るのか?

海外のオークションや日本でもバリュードメインというドメインオークションサービス、そしてYahooなどのオークションになります。オークションや売買の成立後にドメインの権利を譲渡する手続きを行うことで、完了となります。

・良いドメインとは?

良いドメインとは、ページランクが高い、被リンク数が多い、運営暦が長い、運営していたサイトの中身が良い、indexされた数が多いなど多様な条件があります。稀にページランクなどは、偽装されていることもあるので、注意が必要。そして、ドメインがSPAM扱いされている可能性もあるので、事前にそういったことがないかを調べたほうがよいです。

・中古ドメイン市場について

バリュードメインなどのオークションを見ても、売買は行われているが販売されている数を見ると絶対的な流通金額は少ないと思われる。そして、勝ち組は不在と言える。企業で本格的に取り組んでいる会社もあるようだが、認知度が高いとはいえず、勝ち組とはいえないと思われる。これは、Googleのキーワードアドバイスツールで、中古ドメインなどを検索して見ても検索ボリュームは、まだ少ないことにも起因していると思う。そもそも中古ドメインを活用することを知っている人の数が少ない可能性が高い。また、安定的に中古ドメインを仕入れることの難しさがあるからかもしれない。

・まとめ

中古ドメインの売買というのは、今後スタンダードになるのか?と言うことが焦点だと思うが、難しいと思われる。中古ドメインを購入してまで、SEO対策を行う個人が増える可能性が少ないと思うからだ。また、中古ドメインがSEOに効果的だと企業や個人が思った場合、自分で仕入れにいけるので、ドメインの販売業者の存在意義が薄れると思う。

もし、中古ドメインで、ビジネスを展開するのであれば、誰にでも参入できる販売ではなく、SEO対策など何らかの付加価値を提供した上で、展開する以外は、将来的に生き残ることが難しいと思う。

来週から期待している銘柄

詳細な理由を書く時間がないのですが、来週は下記の銘柄を狙っています。
三菱UFJフィナンシャルG
8306 東証
ジーエス・ユアサコーポ
6674 東証
i MiEVのニュースから期待して。信用買残が気になりますが・・・。
・チャート
・ニュース
02838 HANG SENG FTSE/XINHUA CHINA 25 ETF
■追加購入
ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)

不況の影響で、銭洗弁天は儲かる

上の写真は、何の写真かというと銭洗弁天のお参り風景。この神社の中に流れる水でお金を洗うと増えるという言い伝えがあり、この不況で大人気。6年ほど、毎年お参りに言っていますが今までお参りにきた中で、最も混雑していました。苦しいときの神頼みなのか、TVで放送されていたのか?外に遊びに行くのもお金がかかるからなのか?と不況の影響はこんなところまで。TVでも頻繁に”お参りは○○”とCMやっていて、大手企業がCMを縮小傾向の中、神社は不況知らずですね。

お金を洗う金額も人によって、まちまちですが不況のために逆に多くの人が訪れてお賽銭を投じるのだから、この神社は不況でも儲かっていそうです。写真を撮ってくるのを忘れていましたが、銭洗弁天のトイレは綺麗になっていたのは、このおかげかと。

IMG_00150

私は、毎年ご利益のため?収入があがっているので、毎年お金を洗っています。今年は末広がりを期待して8万円を洗ってみました。そして、洗ったお金を年末に何か物を買ったりするのが毎年のお金の使い道ですが、今年は洗ったお金でブラジルに投資しようと思います。

なぜ、ブラジルかというと、色々な数字を自分なりに分析しての判断もありますが、銭洗弁天と神田明神の両方で、おみくじを引いた結果、商いに関しては、両方とも南がよいとでたからです。何かの縁かと思うので、金額は別として投資してみたいと思います。

IMG_0029

あと、北鎌倉にある”商いやま本”で、両手招き猫の金を購入しています。これも毎年買っていて、玄関に飾っています。収入が上がり続ける間は、毎年欠かさずに銭洗弁天には、お参りしたいと思いますが、銭を洗うとお金が2倍に増えるという言い伝えを作った人は、人のお金で自分のお金を増やすという、儲ける方法をよ~く理解していますね。


▼銭洗弁天のデータ
住所:鎌倉市佐助2-25

鎌倉の名所(銭洗弁天)
鎌倉の名所を紹介しています。銭洗弁天内の写真が豊富に紹介されています。

銭洗弁天の地図


大証金の証券担保ローンで更に投資!

今、持っている投資信託は、毎月の分配利回りと売買したときに利益か損が確定するのですが、それまでは逆に何も産み出さないです。それでは勿体無いと考えていて、見つけたのが大証金の証券担保ローンというサービスの商品名がコムストックローンといいます。

概要は、株や投資信託の担保評価の60%まで融資をしてくれるサービスです。※元本割れした場合は、一部返済などが必要となったりするので、注意が必要です。証券担保ローンは、いくつかの会社があるのは知っていましたが、大証金は4.175%の金利の低さと元金を返すのは金利を払い続けている間と元本がは、いつでもよいことです。

元金の支払いが先であれば、大証金の金利以上に利回りがあればキャッシュを産むということです。

例えば私が購入しているグローバルREITの利回りが現在で約14%なので、借入金から毎月10%のリターンが今より更にもらえます。300万円借りたら、金利を返済しても年間30万円ぐらいのキャッシュが産まれる可能性があり、更に投資できるようになります。もう少し先ですが私はこのサービスを使って投資信託ではなく、現物の不動産を購入しようと思っています。

やはり担保と同じものを更に買うのは危険だと思うのですが、私の10倍の資産を運用する投資の師匠は、このサービスを活用していて担保と同じ利回りが高い金融商品を購入していました。「借入れ金を最大で借りた場合は値下がりなどのリスクが大きいが、それ以上に利回りが見込めるので、バランスを誤らなければ問題ない。」と一蹴されました。自己の投資理論を信じ、リスクよりリターンが多いと判断したときの徹底振りが今保有している資産の違いなのかな~と思いつつ更なる活用方法を模索したいと思います。

・関連HP:大証金コムストックローン

投資信託の高利回り 2010年の方針について

ファンド名 基準価額 分配金
(月)
利回り
(月)
利回り
(年間)
純資産
(単位:百万円)
買付け
手数料
信託報酬 信託財産
留保額
ワールド・リート・オープン(毎月決算型) 5,232 75 1.43% 17.20% 189,303 0.000% 1.628% 0.00%
ピムコ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月分配型) 6,987 100 1.43% 17.17% 112,091 3.150% 1.470% 0.30%
ラサールグローバルREIT 4,999 70 1.40% 16.80% 239,248 1.575% 1.575% 0.00%
ダイワ・グローバルREIT・オープン(毎月分配型) 4,487 60 1.34% 16.05% 125,960 1.500% 1.554% 0.00%
HSBC ブラジル債券オープン(毎月決算型) 9,986 120 1.20% 14.42% 19,296 3.150% 1.628% 0.30%
パインブリッジ新成長国債券プラス 6,639 70 1.05% 12.65% 130,547 1.600% 1.680% 0.00%
HSBC 新興国現地通貨建債券オープン(毎月決算型) 6,751 70 1.04% 12.44% 20,639 2.625% 1.628% 0.30%
大和-ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型) 11,590 120 1.04% 12.42% 337,769 2.100% 1.407% 0.00%
DIAM ワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース) 3,784 35 0.92% 11.10% 375,071 1.050% 1.659% 0.30%
ゴールドマン・サックス 米国REITファンドBコース(毎月分配型、為替ヘッジなし 4,432 30 0.68% 8.12% 36,248 1.500% 1.502% 0.00%
三井住友・ヨーロッパ国債ファンド  7,898 50 0.63% 7.60% 102,005 1.500% 0.893% 0.30%

突然、表の一覧がでていますが、投資信託の高利回りを調べていたときに作った表です。あんまり紹介しているサイトがないので、参考にどうぞ。2009年12月28日調べです。年間の利回りに関しては、現在の配当状況からの推測値です。

※最後に各数字の確認は必ず自分で確かめてください。当サイトでは保証はしていません。また、投資信託を推奨しているわけではないので、投資はあくまでも自分自身で考えて行ってください。

ここ1ヵ月くらいは、来年に向けて何にお金を投資していくかを考えていました。約800万円という小額ながら投資資金があるのをどうするのがベストなのかをずーと。 不動産、株、FX、金、債権、店舗運営などなど色々と今年は、調べたり手を出してみましたが、ここ1ヵ月考えた結論としては自分にあったのが投資信託。

サラリーマンなので、自分でアクティブに動くのが厳しい事や常に気になってしまうことを行うのは、神経が細い私には無理というのが最大の理由。不動産も調べると銀行の融資が厳しい状況なので、ある程度の現金が必要そう。ここも大きいです。

結局、2010年はラサールグローバルREITなど不動産REIT関連に引き続き投下していこうと思います。決め手となったのは、高利回り・伸びるのではないかという期待からです。ピーク時と比べたときの価格が依然として低いという判断。私の10倍の資産運用をしている投資の師匠も同じ結論だったらしく来年も継続して買い増ししていくとか。期待値としては、基準価額の150%~200%と設定し、来年は毎月買い増しを続けたいと思います。これだけ高利回りだと中々、離脱も難しいので出口と再投資先のプランだけは早めに考えたほうがよさそうですね。

それにしても、REIT系の月の配当が1.4%なのは大きいです。800万円投下で毎月10万円、年間130万円位の収入が入ります。この利回りだと次に何に投資するのがよいのか悩みそうです。