クレジットカードの限度額

少し前に、友人達と一緒に食事に行ったことがあります。その時は私の引越しを手伝ってくれた友人達に、ご馳走するつもりで、ちょっと良いお店に連れていったのです。その時に、いつもは注文する事がないワインを飲んだり、ブランデーを飲んだりするものもいて、もしかしたら結構な金額になっているのでは?と思っていたら、やはり通常の居酒屋では考えられない金額の請求となっていました。

こんな時はクレジットカードで決済するべきだと思ったので、私の所有しているカードを提示して決済が可能かどうかチェックしてもらいました。当然のように支払いが完了したのですが、このようなクレジットカードで決済したショッピングに関してはリボ払いなので、それ程毎月の負担は大きくなりません。

なので、つい沢山買ってしまうという衝動に駆られてしまいますが、私は自分でショッピングの限度額を大きくしないようにしています。自分の性格からして、クレジットカードで自由に買い物が出来るとなってしまうと、楽しくなって使うのです。自分の性格を考えて抑える事は必要なのです。

最近は、支払いに関するほとんどの物をクレジットカードを使うようになったので、公共料金やその他の支払いで、限度額ギリギリまで行く事もあります。

最近気になっている自動車保険

自動車保険は正直詳しくないのですが、最近イーデザイン損保の自動車保険が気になっています。
テレビのCMを見て初めて知ったのですが、気になってネットで調べてみると評判が良かったので本格的に変更しようかと検討中です。

顧客満足度がオリコンランキングで2年連続1位ということなので、無難な商品を選びたい私にとってはうってつけの保険かなとも思います。

ネットで契約を申し込めが10000円も割り引いてくれるのも魅力ですし、ロードサービスが24時間365日利用が無料であることも有り難いです。

私の自動車保険への考えとしては、事故への対応が当然大切だと思うのですが、ガソリン切れ時の配達やレッカー移動などのロードサービスも重要だと思います。
たとえ事故に遭わなくても、このようなちょっとしたトラブルは起こる可能性がままあるからです。

健康食でダイエット

ダイエットを意識して食事量を減らす。それは痩せたいと思った人なら、誰しも実践する方法でしょう。しかし食事制限をすればするほど、食欲が増して食べ物のことしか考えられなくなったりしませんか?私も長年ダイエットを続けていますが、焦って痩せようとする時に限って、食欲が増してしまいます。

実はその食欲は、身体が必要な栄養素を求めている証拠で、ダイエット食品やジュースでは補えないミネラルやビタミンが欠乏しているのです。では、最適な栄養素が摂れて、痩せられる食事とは何でしょうか?それは「バランスの取れた日本人に合った食事」で、つまり、昔ながらの和食が、私達の身体の美しさを保ってくれるのです。

和食だからと言ってすき焼きやお寿司では、かえって太ってしまいますから、要はバランス、そしてさまざまな食材を少量ずつ摂ることがベストで、オススメの食材は、たんぱく質の豊富な大豆製品、魚。

そして食物繊維が多い野菜や芋類、ミネラルが豊富な海藻類などです。これらを少量ずつ食べることで、身体に必要な栄養素がしっかり補われ、過剰な食欲が抑制されますよ。不思議なほど、満腹感を味わうことができるのです。異常な食欲でダイエットができない!と悩んでいる方は実践してみてくださいね。

アクセス数の多いブロガーさんは稼いでいる!?

最近はは色んなジャンルのブログがありますが、私が好きなのは家計簿やお小遣い稼ぎ系のブログです。

たくさんのブロガーさんの毎日の記事を見ていると、アファリエイトで得た収入を自分のお小遣いにしている。とか、レジャー費はインターネットで稼いだお金で。わずかなインターネット収入ですが投資に回しています。なんてブロガーさんもいて感心するばかりです。

私自身もブログを開設して、いちブロガーとして記事や日記を書いてはいますがアファリエイト収入なんて夢のまた夢…。自分なりに解析してみると、人気のブログの特徴をあげてみます!

・アクセス数がものすごい

・毎日更新している

・ジャンルが一貫して、そのジャンルに特化している

・プライベートな画像写真が多い

事が分かりました。それってかなり面倒な事なんです…でえもお面倒くさがらずに楽しんで書いているブロガーさんが有名になるんですよね~~。私も頑張ってみようと思います!

デジタルカメラを愛用しています

小さい頃から父にカメラを渡され、みんなの写真を撮っておいでと言われていました。なので、旅行の時や親戚が集まる時などはいつもカメラを持ってバシャバシャと写真を撮っている写真大好き子でした。それは今も変わらずで、何かあるとすぐに写真を撮るようになり、これはもう癖です。

今はみんな携帯電話で写真を撮りますが、それは私に言わせたら邪道で、写真はカメラで撮りましょう。携帯電話は電話をするもの。写真はカメラでが私のポリシーなので、今もバックにいつもデジタルカメラを入れています。

たまに邪魔だし置いて行こうかなとも思いますが、イヤイヤ、写真はカメラでだから置いては行けないと再びバックにINします。一眼レフのカメラは普段は持ち歩けないので、もっぱらコンパクトデジタルカメラですが、携帯電話のカメラでいいじゃんとよく友達からはつっこまれますがこれが私のポリシーなので曲げられません!